教育活動の基本理念

笑顔と元気いっぱいの学校

 学校教育目標

学校教育目標を全ての教育活動の指針として,体・知・徳の調和の取れた児童の育成を図るとともに,人格の完成を目指す。

  【体】 よく遊ぶ子
  【知】 よく学ぶ子
  【徳】 助け合う子

◎『よく学び,よく遊べ』【体】【知】
「よく学び,よく遊べ」私が小学生の時に,教室に掲げられていた記憶がある。その順序はよく学んでからよく遊ぶのである。ある種,努力したご褒美として当然である。
しかし,今,私は校長として,その逆である「よく遊び,よく学べ」教育を推進したいと考える。それは,以下の理由からである。
1.起きたばかりの脳にスイッチを入れるため
2.心を安定させるため
  友達との体を使った遊びを通して,心に安定が図られる。
3.朝の太陽を浴びると,早寝早起きの生活リズムができるため
  午前中の太陽の光を体に浴びると,メラトニンが体内で作られる。
  それにより,好ましい生活リズムが作れる。
4.体力向上のため
  つまり,よく遊ぶことにより,脳を活性化させたり友達との人間関係を築いた上で,学習に集中して取り組ませたいという願いからである。
◎『助け合う子』【徳】
東日本大震災では,これまで経験したことがない大きな災害を経験した。しかし,多くの人たちのボランティア活動で,復興の第一歩を歩みつつある。この災害で,助け合うことの大切さを再確認するとともに,これからの日本を背負う子ども達に,助け合う心をしっかりと身に付けさせたい。学校生活においては,特に清掃活動に重点を置く。